沖縄の建築物はなぜコンクリート(ブロック)造りが多いのか?

アイランドリゾート石垣 宅地建物取引士の鳥谷です。
私のブログに目を通していただき、ありがとうございます。
このブログが目に止まったというあなたは、南国、石垣島への移住に憧れをお持ちだと推測します。

そのようなあなたに、ここ石垣島に一足先に移住をした方々の経験や、今いまの社会状況、天候や自然環境、不動産事情などをお伝えできればと、綴ってまいります。

さて今回は、
沖縄の建築物はなぜコンクリート(ブロック)造りが多いのか?
歴史的背景、メリット・デメリット、現状はどうなのか をお届けします。

石垣島への移住を考えておられる皆様さまの、住宅に対する思い入れ、あこがれは「沖縄らしい住居」でセカンドライフを過ごす、が多いかと思います。先日のブログでも書きましたが、「沖縄らしい住居」と聞いて皆さまが思い浮かべられる一つに、台風に強い「コンクリート(ブロック)造りの四角い家」があがるのでしょう。
石垣島においても花ブロック(穴あきのコンクリート装飾ブロック)を配したコンクリート(ブロック)造りのお家をお見掛けします。

歴史的背景は?
沖縄において住居が、コンクリート(ブロック)造りに置き換わったのは太平洋戦争後のことで、それまでの主流は木造住宅でした。茅または瓦葺きの「貫木屋(ヌチジャー)」と言われる本格的なもので、貫木屋は柱に貫穴(ぬきあな)をあけ、貫を通して楔(くさび)で締める、すなわちく釘を使わない構造であり、柱は礎石の上に置き、いわゆる高床形式で湿気の多い沖縄に適した木造の住居と言われています。
しかしながら太平洋戦争において、それらの木造住居は壊滅的な被害を受け、同時に山林も消失してしまい、その後の復興時に建材が調達できない事態となりました。

ここで戦後、沖縄を統治下においたアメリカは、復興を進めるため「規格住宅」を無償提供し、家を失った沖縄県民はそこに移り住んだと言われています。「規格住宅」とは、いわゆる2x4(ツーバイフォー)形式の枠組壁工法であり、アメリカから大量の建材が持ち込まれました。しかしながら、床、壁、屋根を建材で囲む規格住宅は沖縄の湿気とは相性が悪く、シロアリの被害が絶えなかったとの事。それを見たアメリカは、軍の住居に規格住宅を用いず、1948年に初めてコンクリート(ブロック)造りの住居を建造。それを皮切りに10年後には基地外にも建築されるようになり、コンクリート(ブロック)住宅の建築技術が、沖縄の建築業界に浸透していき、シロアリに強い、台風に強い住居としてどんどん増えていきました。

メリット? デメリット?
コンクリート(ブロック)造りの住居のメリットといえば、先にも書いた
・シロアリに強い
・台風に強い
それに加え、現代では
・地震に強い
・火災に強い などでしょうか。

一方、デメリットは
・温まりにくく冷めにくい
・湿気に弱い(湿気が抜けない)
・建築コストが高い など。

片や木造住宅は、これらのメリット、デメリットがひっくり返った形となります。
でも・・・ 本当にそうなのでしょうか?

現状においての木造住宅とは?
木造住宅の建築技術は飛躍的に発展を遂げています。高層階の建築物は鉄筋コンクリート造りと言われてきましたが、CLT工法と呼ばれる木造建築で10階建てのマンションの建築が2018年施工されました。CLT工法とは、木材を縦と横、交互に重ねた厚みのあるパネルを用いた建築法で、従来の木造建築では実現できなかった高層階建築や広い空間での建造が可能となりました。身近なところでは、宮古島のみやこ下地島空港、ロビーターミナルがCLT工法で建造されました。

現状の木造建築は、今までデメリットと言われ続けていた
・シロアリに弱い
・台風に弱い
・地震に弱い
・火災に弱い これらを技術力で覆しています。
弊社が手掛けるアイランドリゾート東高原タウンでご内覧いただけます。
実情を是非、その目でご確認ください。

移住後の生活拠点となる「お家」に関して、何に重きを置くのか?
住宅は昔も今も住まわれる方の命を守り、家族とともに成長してゆきます。
自然災害や火災に強い、対候性の高い住宅が、石垣島移住後の生活を支えます。
私共がつくりたいのは、石垣島での皆さまの暮らしです。

移住を決意、実行する前に、お試しで季節を変えて何度か足を運び、ご自身で実体験されることをお勧めします。また移住に関するサポートを承ります。

本日はここまで。次回もお楽しみに。