アイランドリゾート石垣 宅地建物取引士の鳥谷です。
私のブログに目を通していただき、ありがとうございます。
このブログが目に止まったというあなたは、南国、石垣島への移住に憧れをお持ちだと推測します。
そのようなあなたに、ここ石垣島に一足先に移住をした方々の経験や、今いまの社会状況、天候や自然環境、不動産事情などをお伝えできればと、綴ってまいります。

今回は、台風6号発生! 石垣島への影響は? をお届けします。
気象庁は、7月18日3時に日本の南で台風第6号が発生した、と発表しました。

台風の進路情報がいっぱいある?
現在はSNSの普及、発達によって防災情報や台風情報など、さまざまなお役立ち情報を簡単に入手できますが、その中で気になったのが「台風の進路情報」です。あるサイトでは6個の進路情報が確認出来ます。さらに調べてみると、それらの予想進路は「ヨーロッパ中期天気予想センター」「米国国立環境予測センター」「イギリス気象庁」「カナダ気象センター」「アメリカ海軍艦隊数値気象海洋学センター」の海外の公な機関が発表する進路情報と、日本国の「国土交通省管轄気象庁」の予想進路を、日時ごとに更新しているモノでした。これら6本の予想進路は微妙に異なっていることが見て取れます。

それでは、どの情報を信じれば良いのか?
2014年頃の気象庁が発表する台風進路情報の精度は決して高いとは言えなかったそうです。それ以降、さまざまな改変を行い2019年から精度の高い台風進路の情報を出すようになりました。その変更の元になったのが、「ヨーロッパ中期天気予想センター」「米国国立環境予測センター」「イギリス気象庁」の情報であると言われています。気象庁はこれら海外の台風進路の情報を取り込み、その平均値を元に日本国の台風進路の情報を提供するコンセンサス方式に変更したということです。この方式を取り入れたことによって、情報の精度がアップしたと言われています。

今後の台風6号をウオッチするには?
週明けには強い勢力に発達すると予想される台風6号。気象庁の進路情報は、暴風域を伴って沖縄や奄美に近づく可能性があるとしています。今後の情報に注意する必要があります。気象情報や台風の進路情報をいち早く収集し、今後の対策を建てるために役に立つWebサイトとアプリをご紹介します。

【気象庁】
国土交通省管轄で防災にかかわるすべての情報を提供しています。

【Yahoo!天気】
一言で表すならば便利!
スマホのアプリでは、メニューからエリア登録、通知設定を行えば、台風の発生や接近、消滅などを通知してくれます。

【tenki.jp】


一般財団法人日本気象協会が運営するWebサイト。気象業務を行う日本の一般財団法人で、気象業務法第17条第1項の許可を得た予報事業者。それ故、情報が豊富です。更にスマホのアプリは無料で利用することが出来ます。

【weathernews】
言わずと知れた世界最大の民間気象情報会社。世界50か国でサービスを行う総合気象情報会社、と自社Webサイトに掲載されています。確かに民間でありながら、日本気象協会が提供する情報を凌駕するほどの情報量が見て取れます。しかしながら、ここ最近は「会員メニュー」を設定し、月額支払いで情報の提供が行われています。

まとめ
気象庁の台風6号の進路情報では、石垣島に最も接近するのが7月22日であるとされています。最大瞬間風速は55m/sと予測され、十分な警戒が必要であると判断されます。石垣島に移住されて、初めて経験される台風ならば、油断は禁物です。
事前に何をするのか? 石垣島の台風対策をまとめたWebサイトをご参照ください。

弊社が手掛ける東嵩原タウンの「木の家」は、基礎、体力面材、外壁にこだわった台風に強い木造住宅です。台風に強いということは対候性に優れており、また地震などの災害にも強いという特徴を持ちます。第2期分譲の3棟が間もなく完成いたします。是非是非、8月13、14、15日に開催される内覧会にご予約ください。

私共がつくりたいのは、石垣島での皆さまの暮らしです。
移住を決意、実行する前に、お試しで季節を変えて何度か足を運び、ご自身で実体験されることをお勧めします。また移住に関するサポートの一環で「ご紹介キャンペーン」も開催中です。詳しくはプロフィールから、弊社ホームページをご確認ください。

本日はここまで。次回もお楽しみに。